盗聴器

聴器調査 盗聴の種類

電話盗聴 有線式・無線式・留守番電話ハッキング。

室内盗聴・ルームモニター機能コンセント内蔵型やテーブルタップ型・電卓型・時計型等の(無線式)
偽装品タイプが含まれます。

直接盗聴 コンクリートマイク・望遠マイク

その他

兆候事象
 
通話音量が下がる
電話回線中に仕掛けられた盗聴器は一般的に電話線から電源を取っているため、受話器から聞こえる音量が小さくなる。
テレビやラジオに雑音や画像の乱れ
無線式の盗聴器が仕掛けられている場合、電波を出しているので家電に影響。

対策
 

無言電話やいたずら電話は、出来るだけ相手に、先に切らせる。

相手がなかなか切らない場合はこちらで一度電話を切って、再度受話器を上げてみる。
(盗聴器が仕掛けてあれば通話状態のままで室内の音を盗聴されている。)
ルームモニター機能や外から留守番電話の内容が聞ける電話の場合 暗証番号を頻繁に変える。(暗証番号解析ソフトも販売されている)

コードレス電話は出来るだけ使わない。
(秘話機能は現在の受信機の性能からすればないも同様)周囲約100メートルに放送している覚悟が必要。

携帯電話(アナログ)では大事な話をしない。
広帯域受信機で簡単に傍受。PHS等のデジタルは今の所簡単には傍受できない。
保安器の中のヒューズをチエック、NTTの刻印が無ければ盗聴器。
電話回線に盗聴器が仕掛けられていると思ったら NTT故障係に依頼して抵抗の検査や点検(無料)をしてもらう。
住居の周囲約100から200メートル以内 に不審な人物や車両が無いかチェック(無線式の盗聴器の電波出力の一般的範囲)
住居の周囲約100から200メートル以内 に不審な人物や車両が無いかチェック(無線式の盗聴器の電波出力の一般的範囲)
部屋の中に見覚えのない物がないかチエック 三つ又コンセントやテーブルタップ、電卓など。

無線式盗聴器の発見法
 
広帯域受信機を使って発信源をつきとめる。
盗聴器専用受信グッズ(LEDタイプとアナログメータータイプ)を使って発信源をつきとめる。
アマチュア無線の経験があれば、フォックスハンティングの要領と同じです、ハンディタイプの八木アンテナやアッテネーターの利用も効果大。

盗聴に関する法律事項
 
電話回線上に仕掛けられた盗聴器を取り外すには、 アナログ三種工事担任者の資格が必要。
家屋内の配電設備や電線上に仕掛けられた盗聴器を取り外すには、 電気工事士の資格が必要。
電気通信事業法 第四条(秘密の保護) 第百四条(第四条の罰則規定)
電波法 第四条(無線局の開設) 第五十九条(秘密の保護) 第百九条(第五十九条の罰則規定) 第百十条(罰則規定)
盗聴器を仕掛けた者は住居不法侵入の場合も当然あり得る。

注意
 
近年、「盗聴器があなたの家や部屋に仕掛けられています。」 などと言って、飛び込みの盗聴器発見業者がたずねて来ることがありますが、 その大半はコードレス電話の録音が多いようです。
正統派の探偵や盗聴器発見業者は、ほとんど飛び込みの営業はしません。
なぜならば、盗聴器を仕掛けるのはその家の住人や 恋人など近しい関係の人間が大半、 応対に出てきた本人が仕掛けている場合もある。
もしそのような場合は取り外せる資格の有無や、警察立ち会いの上で、 と、応対してみて下さい、偽の業者ならばすぐに退散します。

   
   

ページのトップへ戻る

Copyright (c) 2000-2008 旭法探偵事務所. All rights reserved.