ストーカー調査

無言(いやがらせ、いたずら)電話・誰かに見られている(つけられている)
*それが頻繁ならばストーカーの可能性あり。


情報収集
 
日時を忘れずに記録ノートをつける。
いやがらせ、いたずら電話はテープに録音する。

分析
 
電話が鳴るのはいつも同じ時間(帰宅直後)か?
いつも同じ場所(道)で見られたり、つけられているか?

いやがらせ、いたずら電話の場合
 
電話の内容や、部屋での様子を知っている(盗聴)
食生活、嗜好品、生理日(予定日)を知っている
勤務先での出来事を知っている(勤務先、もしくは取引先にストーカー)

対策
 
通勤時間、経路を変える。
電話番号を変える、電話案内サービス・電話帳登録をしない。
ゴミは、直接ゴミ収集車に投げ入れる。(燃やせる物は自分で焼却)

対抗
 
逆ストーキング(ストーカーをつきとめる)
証拠蒐集(写真・VTR・調査報告書)
*危険な作業なので、信頼のおける第三者、もしくはプロに依頼する事。

反撃
 
情報収集で記録したノートと電話の録音テープ、集めた写真・VTR・調査報告書を持って、警察もしくは弁護士事務所へ。

   
   

ページのトップへ戻る

Copyright (c) 2000-2008 旭法探偵事務所. All rights reserved.