この調査の目的は、学校側へのいじめの事実認識と対応・対策、あるいは、 教育委員会より、学校側への指導実施、最終的には損害賠償請求の為の、証拠蒐集が主な目的となります。

また、両親へのアドバイス、登下校時の被調査人の 尾行、場合により盗聴による証拠蒐集が必要になります。



いじめ問題の兆候

 
殻に閉じこもって無気力、無関心、無口。
楽しかったことや、面白かったことしか話さない。
イヤなことされていても笑っている。
お宅は大丈夫?

事実確認
 
当人がいじめられていることを話してくれる場合はその事実確認。
話してくれない場合は、両親の協力をえて、状況証拠の蒐集。
衣服の汚れ ・ノートやテキストの落書き ・持ち物の紛失
けが(衣服に隠れて見えない場合が多いため、着替えや入浴の際に注意)

証拠蒐集(両親へのアドバイス)
 
日記帳をつけて、気が付いた事を記録、子供との会話も記録。
紛失物の記録、いつ無くなったことを知ったか等、また、後から出てきた 場合は、どこからどのようにして出てきたのか。

けが等は、写真やVTRで撮影して納めておく、病院へ行った場合は 診断書の作成をする、損害賠償を覚悟している場合は、健康保険 は使わず、実費で支払い、領収書をもらって保存しておく。


事態が深刻な場合
 
ワイヤレスマイクで傍受、録音。
受信感度が悪い場合は、FM受信用八木アンテナを利用。
学校側の協力が得られれば、放送室のスピーカー、切り替えスイッチの配電 ボックスを開けて教室のスピーカーをマイクとして利用出来ます。

学校側との話し合い(交渉の際の両親へのアドバイス)
 
学校側が理解し認めている場合
その後の対処と結果を報告してくれる。期日を約束してもらい、報告を受けること。
学校側が理解せず、認めない場合。
「いじめられる側にも問題がある!」 「家庭に問題があるのではないですか?」など その様に言われた場合は、

「その様な理由で、いじめる事を容認されているのですか?」
「その様な理由で、いじめても良いと教育基本法のどこに記載されていますか?」
と丁寧に問いただし、もしそうでない場合は、

「対応対策をして下さい。何年、何月、何日、何曜日、再度お伺いしますので結果を教えて下さい。」 と、約束を取り付ける。(無しのつぶてになることが多いため。)
録音機材で全ての会話を録音しておくこと。 (言った言わないを避けるため。完全に隠し採りして下さい。)
相手(先生)を呼ぶときは○○先生と名指しで会話すること。

くれぐれも感情的になって、相手に名誉毀損等の逆手に取られないように注意!

最近携帯電話が普及して格電話会社も競って色々なサービスを開始しており携帯電話を買うだけでテレクラ遊びができてしまう 困ったの中である。


大切な事
 
子供を守ってあげられるのは、最終的には両親や家族であること。
事件・事故(自殺、自傷等)が起きてからでは遅い。

   
   

 


ページのトップへ戻る

Copyright (c) 2000-2008 旭法探偵事務所. All rights reserved.