裁判で有効になる浮気の証拠とそうでない証拠

浮気を理由に離婚をする場合、配偶者が浮気をした確実な証拠があると、離婚の請求や慰謝料の請求をスムーズに行うことができます。

離婚や慰謝料請求を行う際は、浮気調査を行って裁判で有利になる証拠を集めることが、とても重要となります。具体的に、どのような証拠が裁判で役立つのかを詳しくご紹介していきます。

裁判で有利になる浮気の証拠

裁判で有利になる浮気の証拠

裁判で有利となる浮気の証拠は「不貞行為をしたと認められる証拠」です。つまり、肉体関係があったことを示す証拠のことです。

肉体関係がなかった場合は、慰謝料の請求をすることができません。肉体関係があったことを示す証拠には、下記のものがあります。

ラブホテルへの出入り写真

ラブホテルに出入りしている写真というのは、2人に肉体関係があった証拠として、かなり有効的な証拠となります。

当人が出入りしていることが証拠となるので、2人の顔がハッキリ鮮明に写った写真でないと証拠として認められない場合があります。また、ラブホテルでの滞在時間も重要なポイントです。最低でも40分以上ラブホテルに居たことが証明できる写真だと、強力な証拠になります。

また、ラブホテルを利用したのが1回のみの場合は、1度きりの過ちで本気ではないと言い逃れされてしまう場合もあります。できれば、3回以上ラブホテルを利用したことがわかる写真があれば、より確実性の高い浮気の証拠となります。

浮気相手の自宅へ出入りしている写真

ラブホテルの写真と同じく、こちらの写真も2人の顔が鮮明に写っていることがとても大事です。また、ラブホテルとは違い自宅なので、肉体関係があった証明にはならないこともあります。なぜなら、「仕事の打ち合わせ」といった言い訳ができるからです。

そのため、1回のみの出入りした写真であれば、残念ながら浮気の証拠としてはあまり有効ではありません。相手の自宅への出入り写真は、5回以上の出入り写真を撮っておくことで、裁判で浮気の確実な証拠として十分に通用する可能性が出てきます。

特別な理由が何もないのに、家族ではない異性の自宅に5回以上入るということは、十分に浮気の可能性があると認められるからです。

裁判で認められにくい場合が多い浮気の証拠もある

裁判で認められにくい場合が多い浮気の証拠もある

どう見ても浮気に見えるのに、裁判では認められにくい浮気の証拠というのもあります。

2ショット写真

2人でラブラブで写っていたりキスしている写真は、明らかに浮気の写真と見えてしまいます。しかし、裁判では浮気の証拠にはなりません。

裁判で浮気として認められるためには、肉体関係があるかないかが重要となります。そのため、手をつないでいてもキスしていても、肉体関係ではないので浮気とはみなされないのです。

着信履歴やメール

自分のパートナーのメールに「愛している」とか「早く会いたい」といったメールがあれば、絶対に浮気と思うものです。しかし、このようなメールでも浮気の証拠として使うことはできません。これも先程の理由と同様、肉体関係を証明できないからです。

裁判で有利になる離婚の証拠が欲しいという方は、浮気調査の実績豊富な旭川市の旭法探偵事務所へご相談ください。旭法探偵事務所が作成した浮気調査の報告書は、裁判で勝つための報告書として使用されてきました。

浮気調査だけでなく、いじめ調査やストーカー調査、盗聴器発見などのサービスも行っていますので、旭川市で探偵事務所をお探しの方は旭法探偵事務所へお問い合わせください。事務所は旭川市の他に札幌市にもございます。お近くの事務所へご連絡ください。

旭川市で浮気調査を探偵に依頼するなら旭法探偵事務所へ

事務所名 旭法(きょくほう)探偵事務所
住所 〒070-0036 北海道旭川市6条通8丁目36−25
セントラル旭川ビル3階
※司法書士会ビルの老朽化に伴い事務所移転しました
電話(フリーダイヤル) 0120-23-3599
直通電話 0166-27-0012
メール info@kyokuhou.com
URL https://www.kyokuhou.com/

ページのトップへ戻る

Copyright (c) 2000-2008 旭法探偵事務所. All rights reserved.