探偵になるためには何が必要?

探偵事務所として営業するためには、法律の規制を守らなければなりません。

これは、悪質な探偵事務所を排除するための規制です。また、探偵としてあらゆる調査を行うためには様々なスキルも必要です。探偵になるための条件をまとめてみたので、ぜひ参考にしてください。

探偵業法とは

探偵業法とは

まずは、探偵業法の説明をいたします。

探偵業法とは、2007年に施行された「探偵業の業務の適正化に関する法律」という法律のことです。この法律が施行される以前は、誰でも探偵と名乗ることができました。

そのため、高額な費用を請求したり調査結果を利用して恐喝したりする悪質な探偵事務所が散見されたのです。そのような探偵事務所を排除するために、探偵業法が施行されました。法の施行後、探偵業は都道府県公安委員会に届出をしないと営業することができなくなり、国が探偵業の実態を把握しやすくなりました。

さらに、契約時の規制などを明確に定めたことにより、消費者を保護してトラブルを防止できる措置も取られるようになりました。探偵業法の施行により、以前は誰でもできた探偵業から、限られた人にしかできない登録制の探偵業となったのです。

探偵に必要なスキル

探偵として働くためには、下記のスキルが求められます。

  • 尾行などの調査を行うための体力
  • 運転免許
  • 状況に応じた素早い判断力
  • 顧客への誠実な対応力

探偵に求めるスキルは探偵事務所によって異なりますが、これらのスキルは探偵として働くために必ず必要です。

旭川市と札幌市に事務所を構える旭法探偵事務所は、特殊な訓練を受けた北海道警察のOBが調査員として依頼に対応しています。優れた調査能力で的確かつスピーディーな調査を行っているため、安心してお任せいただけます。

探偵学校に通うべきなのか?

探偵学校に通うべきなのか?

探偵学校という学校があり、探偵の一般的な技術を学ぶことができます。一般的な探偵事務所の採用条件にスキルは必須ではありません。

しかし、スキルがないよりもあったほうが就職には有利です。探偵学校によっては、卒業の際に就職先の探偵事務所を紹介してくれる場合もあります。

このように、探偵になるためには公安委員会への届出は必要ですが、何年も学校へ通ったり資格を取得したりする必要はありません。しかし、探偵は依頼者が納得する結果を出さなければなりません。したがって、探偵になるのは簡単でも探偵として成果を上げることは難しいのです。

旭川市と札幌市を拠点とする旭法探偵事務所は、確かな技術と豊富な経験を持つ探偵が在籍しているため、安心してご相談ください。

旭川市で探偵事務所をお探しなら旭法探偵事務所まで

事務所名 旭法(きょくほう)探偵事務所>
住所 〒070-0036 北海道旭川市6条通8丁目36−25 セントラル旭川ビル3階
電話(フリーダイヤル) 0120-23-3599
直通電話 0166-27-0012
メール info@kyokuhou.com
URL

ページのトップへ戻る

Copyright (c) 2000-2008 旭法探偵事務所. All rights reserved.